ブログパーツ THE 韓国人 韓国ドラマ「太王四神記」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国ドラマ「太王四神記」最終回
【登場人物】
タムドク(ペヨンジュン/幼少期:ユスンホ)、ソキハ(ムンソリ/幼少期:キムウンソ・パクウンビン)、スジン(イチア/幼少期:シムウンギョン)、ヒョンゴ(オグアンロク)、チュムチ(パクソンウン)、チョロ(イピルリム)、コウチュン(パクジョンハク)、パソン(キムミギョン)、ヨンカリョ(パクサンウォン)、ヨンホゲ(ユンテヨン)、テジャンノ(チュミンス)、サリャン(パクソンミン)

川辺で。
車輪が壊れたのか…と近づくタムドク王に、見なかったことにして行ってください…と言うスジン。
二度と行かせない。お前が来ないなら、俺が行く。お前の側にいる。お前がいる所が俺の宮殿だ。お前が火の海にしようと…、俺が守るから俺の側にいろ。もう行かなくていい…とスジンを抱きしめるタムドク王。

宮殿で。
お前が死んだということは信じなかった。俺が許可しなかったから…と冗談を言うタムドクに、時が来たら言うことがある…と言うスジン。
一方、コムル村を襲い、白虎、玄武の神物を奪うファチョンフェ組織テジャンノ。

テジャンノに支配されているタムドク王配下がキハの子供を拉致する。
スジンが胸騒ぎを感じ、すぐに子供の元に戻るが…。
ファチョンフェ組織が何で子供を連れて行ったのか…と聞くタムドク王に、あの子は…と言い留まるスジン。
そこへ、護衛長コウチュンが残された書簡を持って来る。チュシン王(タムドク王)の息子だ。チュシン王の子供を連れて行く…と書いてあった。これは何だ…と言うタムドク王に、こうなると思って逃げていた。あの子は王様の息子で、姉(キハ)の子供です…と言うスジン。あの子が俺の子で、あいつ(キハ)がお前の姉か…と呟くタムドク王。

アブラム寺(ファチョンフェ組織あじと)に行く。時間がない。俺の子が拉致された。あの子の心臓で天の力が開ける…と配下に言い放つタムドク王。
一方、テジャンノより早く王の心臓を手に入れ、天の力を手に入れろ…とホゲに命じるキハ。

ホゲ軍と対峙するタムドク王軍。
敵は我々より多い。俺達は必ず勝つ。負ける方法を知らないからだ。俺が先頭に行く…。俺の軍隊、俺の兄弟達…俺が見えるか…と兵士の前で叫び戦うタムドク王。

4つの神物を並べるキハ。
突然、神物が光り出す。アブラム寺にひとり突入するスジン。テジャンノが子供を連れて現れる。その子は誰…と聞くキハに、2000年待った瞬間です…と言うテジャンノ。キハの元へ歩み寄る子供。その子の心臓を切り開け…と迫るテジャンノ。テジャンノに矢を放つスジンだが…。その子は姉貴の子供だとキハに叫ぶスジン。
キハの中に入り込み、中からキハ」を操り子供をナイフで刺そうとするテジャンノ。それに対抗するキハ。
姉貴、駄目…と叫ぶスジンだが、抵抗するがテジャンノに操られ、子供の指を切り、神物に子供の血が流れていくのであった。

朱雀に変身し出すキハ。子供を抱きかかえて逃げるスジン。
そこへ、タムドク王が到着し、飛んできた火からスジンを守る。
チュモン大王の弓を手に握り、飛んで向かって来るテジャンノに、掌ていを食らわすタムドク王。
朱雀に変わったキハに、止めろ。お前が出来なければ、俺がやらないといけない…と心の中でキハに念じるタムドク王。キハにチュモン大王の弓矢を射ろうとした瞬間、今、分かった俺が何をしないといけないのか。キハ、お前を信じられなくて、俺が間違っていた…とチュモン大王の弓を折るタムドク王。

神物が消える…。人は誰でも間違える。天にそう言わなくては…。それが人間だと…。知らないことがあれば、覚えながら行くのが人間だ。天は我々に聞いている。自ら生きるのか、天の力で統治しないといけないのか…と。その答えに答えるのがチュシン王だった。それがチュシン王としてやらなければいけないことだった。これが俺の答えだ。俺は人間を信じる。天の力は天に返す。だから、もういい…キハが消えた光の中に入っていくタムドク王。
…完…
スポンサーサイト
韓国ドラマ「太王四神記」23話
【登場人物】
タムドク(ペヨンジュン/幼少期:ユスンホ)、ソキハ(ムンソリ/幼少期:キムウンソ・パクウンビン)、スジン(イチア/幼少期:シムウンギョン)、ヒョンゴ(オグアンロク)、チュムチ(パクソンウン)、チョロ(イピルリム)、コウチュン(パクジョンハク)、パソン(キムミギョン)、ヨンカリョ(パクサンウォン)、ヨンホゲ(ユンテヨン)、テジャンノ(チュミンス)、サリャン(パクソンミン)

ブヨン国のコウンの書簡を受け、チョロ、ヒョンゴ、チュムチを連れコウンに会いに行くタムドク王(ぺヨンジュン)。
高句麗王が私の書簡を受け取ってくれたみたいですね。軍を送ってくれると言っていましたか…と聞くコウンに、そうはできないとおっしゃっていました…と答えるタムドク王。(コウンは、タムドク王を王の使者だと思っている)
他人の国に軍を送るのは難しいでしょう。優秀な配下がいるから、必ず送ってくれるはず…と言っていたんですが…と言うコウンに、誰がそう言ったのか…と聞くタムドク王。
私の家に高句麗から来た言葉の先生から…と答えるコウン。(そう、スジンだ)
ブヨン国の王子を守って欲しい…助けてくれますか。兵はどれくらい連れて来たのですか…と聞くコウンに、俺達、4人…と答えるタムドク王。怒って去って行くコウンだが…。

コウンの案内で、ブヨン王子の宮殿を取り囲む敵を一掃するタムドク王達。
高句麗の流民であったコウンは、高句麗王に渡してくれ…と天弓と書かれた巻物を渡すのであった。
酒を飲むタムドク王とチョロを遠くから眺めるスジン。

天弓と書かれた巻物に液体を塗り、火であぶるヒョンゴ。
巻物に沢山の文字が…。
神物はチュモン大王の弓でだけ壊すことができる。しかし、それ(チュモン大王の弓)が壊れれば、チュシン王も死にます。神物を壊すと、神物の主人も、その主人も死ぬ…と書いてありました。世間に知られてはいけない秘密です。このこ古文書を燃やさせて下さいと報告するコムル村老師に、おかしくないか。天はどうやってその力を持ち、どうして、こんな物を残したのか…。俺だけがそう考えるのか…と手元が狂いチュモン大王の弓を落とすタムドク王。

一方、タムドク王の前で、自決しようとする百済王の剣を弾き、百済と高句麗は、チュモン大王の元で兄弟の国だった…と、百済王を立たせ、百済を任せる…と言い放つタムドク王。移動の準備だ。宮殿に帰る…と配下に命じるタムドク王。

宮殿で。
考えて見たんだけど、天と戦っているみたいだ。チュシン王という名、四神の神物というもの、それをどんなに恨んでいるか分かるか。俺がその為にどれだけ多くの者を失くしたか。俺の母、父、部下。俺は、天の力なんて、関係なく、チュシンの国を造れるようにする…とヒョンゴに言うタムドク王。
どこで何をしてるのか…とスジンを思うタムドク王。

タムドク王に呼ばれて、秘密裏に高句麗に向かう途中、食堂で、スジンに出会うコウン。
タムドク王に会い、ブヨン国の黒幕にはファチョンフェ組織があること。訓練方法が高句麗の方法に似ていること(ホゲが訓練しているのだ)…をタムドク王に話すコウン。
外で、チュムチとチョロに会い、来る途中で偶然言葉の先生(スジン)に会ったことを話すコウン。

コウンと共に、スジンを探しに食堂に向かうタムドク王、チュムチ、チョロだが…。
スジンはいない。ひとり馬に乗ってスジンを探しに駆け出すタムドク王。
川辺で馬車を直しているスジンを発見するタムドク王。次話へ。
韓国ドラマ「太王四神記」22話
【登場人物】
タムドク(ペヨンジュン/幼少期:ユスンホ)、ソキハ(ムンソリ/幼少期:キムウンソ・パクウンビン)、スジン(イチア/幼少期:シムウンギョン)、ヒョンゴ(オグアンロク)、チュムチ(パクソンウン)、チョロ(イピルリム)、コウチュン(パクジョンハク)、パソン(キムミギョン)、ヨンカリョ(パクサンウォン)、ヨンホゲ(ユンテヨン)、テジャンノ(チュミンス)、サリャン(パクソンミン)

ホゲ軍軍営で。
反乱を起こす者をを切りまくるホゲ。
一方、ある村で子供を産むキハ。赤ん坊を抱いているスジン(イチア)に、その子は娘か…と聞くサリャン。
息子だと答えるスジンに、(キハは)お前の姉だ…。赤ん坊の父親はお前の王(タムドク王)だ。外で、ファチョンフェ組織が待っている。子供を守ってくれ。お前の王とお前の姉の子だ…と頼むサリャン。

子供がいないことに気がつき、テジャンノを殺そうと剣を向けるキハ。
テジャンノがサリャンを自分の盾にし、サリャンを刺してしまうキハ。
生きて…、お子様を…と言い残して死ぬサリャン。

朱雀と青龍の神物を手に入れるテジャンノ。
キハの息子の心臓が入っている箱を神物に近づけるが、神物は光らない。
(サリャンがテジャンノの命令を無視して、他の人の血を箱に入れたのだ)
騙したな…サリャン。子供は生きている…と叫ぶテジャンノ。

ホゲ軍軍営に入るタムドク王(ペヨンジュン)。
そこへ、チョロが合流する。コランの地に向かうホゲ軍を見た…と言うチョロ。
ホゲを追うタムドク王、チュムチ、チョロ、コウチュン。
一方、コランの地でコラン兵の奇襲に会うホゲ軍。
そこへ、タムドク王が到着し、ホゲは高句麗人だ。俺の命令なしに触ることはできない…とコラン兵に言うタムドク王。

ここに高句麗王と高句麗の貴族がいる。こいつらを殺せば…俺達の勝利だ…と叫ぶコランの指揮官。
コランに言う…。最後に警告する。高句麗王が自分の臣下に会いに来た。邪魔をするなら、許さない。戦争を防ぐ為に、残ったひとりまで殺せば、黙るのか。だから、このまま帰ってくれないか…と言うタムドク王だが…。
切れ…と叫ぶコランの指揮官。
コランの指揮官を殺し、コラン兵を一掃するタムドク王。

見えるか。俺達の為に、死んで行った者を…と言うタムドク王に、高句麗の大王、ウォーと叫ぶホゲ。
殺せ。王に成りたかった訳じゃない。復讐したかったんだ…とタムドク王に切りかかるホゲ。
戦うタムドク王。
俺が何でここに来たのか。何でこいつらを殺したのか。分からないのか…と言うタムドク王に、俺を笑いたいんだろう。膝まづいて王と呼べと言うのかと言うホゲ。
膝まづいて、王と呼べと言うタムドク王に、首を切れ…と言うホゲ。後ろの木を切り倒すタムドク王。
王の命を拒絶した罪で、貴族の称号を剥奪する。宮殿に二度と戻るな…とホゲに言い放つタムドク王。

去っていくタムドク王めがけて、まだ、終わっていない…と剣を投げるホゲ。
チュムチがタムドク王をかばい、胸に剣が刺さる。ホゲに槍を突き刺すチョロだが、光を放ち、跳ね飛ばされるチョロ。ホゲの胸から白虎の神物が落ち、光る。
白虎の神物の力で、助かるチュムチ。白虎の神物が選択したのはチュムチだ…と言うヒョンゴ。

ファチョンフェ組織のあじと、アブラン寺へ行くキハとホゲ。
ファチョンフェ組織の老師達に聞く。私は誰だ…と言うキハに、我々の母、火の神ですと答える老師。
あいつは誰だ…と聞くキハに、記憶のない時代からずっとテジャンノでした…と答える老師。
何をするにしても、子供を殺したお前(テジャンノ)を殺した後だ…と言い放つキハに、キハの子供は、生きている…と言うテジャンノ。

キハの記憶の底から、スジンが子供を連れて出たことを引き出すテジャンノ。
ファチョンフェ組織に捕らえられているのか…と聞くキハに、タムドクの心臓と白虎の神物が欲しい。そうすれば、4つの神物が揃う。子供を助けたいのか…と言うテジャンノ。次話へ。
Copyright © THE 韓国人. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。