ブログパーツ THE 韓国人 2008年10月
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペ・ヨンジュン、ヘリ機で結婚式場
521942763023593237.jpg
 
「大明ビバルディ・パーク」(江原道洪川郡)で18日午後、パク・ソンウン&シン・ウンジョンの結婚式が行われ、会場に一番乗りしたペ・ヨンジュンは駆けつけたファンから歓声を浴びた。

 同日午後3時から行われた結婚式にはペ・ヨンジュンのほか、イ・ソジン、オ・グァンロク、イ・フィリップをはじめ700人余りがお祝いに駆けつけ、二人の門出を祝った。

 『太王四神記』(MBC)でパク・ソンウンと息を合わせたペ・ヨンジュンは会場に一番乗り。この日ペ・ヨンジュンの出席が目を引いたのは、同日午後4時から忠清北道清州市「芸術の殿堂」で行われる「2008文化の日」イベントで花冠文化勲章を授与されたため。忙しいスケジュールにもかかわらず、ペ・ヨンジュンはヘリ機で結婚式場に姿を現した。

 結婚式に先立ち行われた記者会見で、パク・ソンウンは「(ペ・ヨンジュンは)突然のスケジュールで来られないと思っていたのに、電話で“ヘリで行く”と言ってくれ、とてもうれしかった。弟分を気にかけてくれてありがたく思っている。結婚したらどういう風に暮らすべきか教えてあげたい」と感謝を表した。

 なお、この日は結婚式場前にレッドカーペットが敷かれ、目を引いた。お祝いに駆けつけた人たちはそこを通って会場入りし、韓国国内だけでなく日本から駆けつけたファンらの歓声を浴び、まるで映画祭のような雰囲気だった。
スポンサーサイト
Rain復帰ステージにキム・ソナ
673498190257616247.jpg

Rainは9日午後8時、MBCドリームセンター(京畿道高陽市一山東区)で行われた『Rain カムバックショー、おれ、Rain、ダンス』(MBC)の収録で、キム・ソナとファーストアルバム収録曲『悪い男』でステージを飾った。

 この日、キム・ソナは『悪い男』の振り付けをパーフェクトにこなしたのはもちろん、赤と黒のドレスでセクシーさ満点のステージを演出した。

 ライブを終えたRainは「特別なステージをすてきな女優さんと一緒にお送りしたいと思いました。そう思ったとき真っ先に頭に浮かんだのがキム・ソナさんのこと。2週間くらい一緒にダンスの練習をしましたが、キム・ソナさんは見事にこなしてくださいました」と満足そうだった。

 一方のキム・ソナも「こんなすてきなステージに立てること自体、光栄です。一生忘れられない貴重な思い出になりそう」と「世界のRain」との共演に興奮冷めやらない様子だった。

 今回の共演は、17日に放送される『Rain カムバックショー、おれ、Rain、ダンス』のため、日ごろから好感を抱いていたキム・ソナにRainがゲスト出演のラブコールを送ったことから実現。キム・ソナはそれを快く受け入れたとのことだ。
イ・ビョンホンのシングル発売
 韓流トップスター、イ・ビョンホンが日本でホットだ。15日に初のシングル「いつか」が発売されるほか、スカパー!では「イ・ビョンホン祭り」が行われている。
483320097334562449.jpg

 特に大きな注目を浴びているのは、2004年6月以来、約4年半ぶりに発売するCD「いつか」。初回出荷分の中に、直筆サイン入りCDが50枚出荷されることがわかり、いっそう話題になっている。

 今回のシングルリリースは、イ・ビョンホンが出演し、9 月からオンエア中の「TOYOTA RAV4」のCM で、彼が歌う「いつか(Rock バージョン)」がCM ソングにも決定したことから実現したもの。

 タイトル曲の「いつか」のほか、カップリングの「接吻(くちづけ)の指輪」共に総合プロデュースを手掛けている秋元康氏の作詞。日本語詞でのレコーディングに初挑戦したが、その日本語の持つ意味合いをしっかり伝えたい秋元氏とイ・ビョンホンのこだわりの成果が見える仕上がりとなっている。

 なお、「いつか」には、CMで使用されているRock バージョンのほか、ファンミーティングで披露したバラードバージョンも収録されており、違った魅力が味わえる趣向だ。
Copyright © THE 韓国人. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。